Oblivion 基本的に一人旅なんなんだぜ

Oblivion 基本的に一人旅なんなんだぜ

チビのメルザの珍道中記


5000 hit なんだが?

Category: 複数人とか看板に偽りありじゃね?   Tags: ---
hai !! こんばんは、鋼鉄蒸気です。


早いものでいつのまにやら5000hitと相成りました。

更新頻度もまばらなこのブログに脚を運んで下さる方々…。



イカレてるぜ!!




今回は、話のなかでも難易度の高い複数人の登場回でもあるので、調度良かったかもしれませぬ(・∀・)

かなり長い話になっとりますが、おかしなところはなにもないな。



では本編に参りましょう。





★ 前回のあらすじ ★

放置プレイで俺の寿命がストレスでマッハなんだが…?






5055

「えっ!? 誰か待たせてたの!?」

「この家の持ち主デスよ。 待ってもらってたのをすっかり忘れていたデス!! 早く戻らなきゃデス!!」





5067

「あんたが来てからどれくらい経ったと思ってんのよ……もうどっか行っちゃってるか、怒りが有頂天になってるかの絶望的な二択しかないでしょ」

「確かにまだ居るとは思えないデスが、とりあえずは確認しておかないと……先輩の言う後者だった場合は全速力で逃げるデスよ」

「……アンタの脚力に追いつけない私はどうなるのさ…?」

「♪~(´ε` )」

「……先にアンタを退治しておくのが良さそうね……」









5062

「まさか、本当に待っていてくれたとは……さすがにナイトの心の広大さは味ひとつ違ったデスよ…」

「えっ!? この行き倒れの男がそうなの?」

「いや、最初から行き倒れていたわけではないんデスが…」

「とりあえず待っていてくれたのをほっとくのもアレだし、ここから近い知り合いの所まで運ぼうか」

「ここから? 誰デスか?」

「まあ、行けばわかるよ。 ほら、アンタは右足持って!! 私は左足持つから」

「この運び方はかなりダメージ大きいと思うデスよ……」










「おーい、旦那ーっ!!」





5054

「……あまり会いたくない奴の声が聞こえた気がしたが…まあ気のせいだろ」

「大船渡の旦那ーっ!! 居るのわかってんだよ、出てこーい!! 開けろーっ!!」

「………」
 




5066

「…やはりお前か、チビッ子。 こんな朝早くに何の用だ? 俺はお前に用がないんだが?」

「イヤン、可愛い小娘に対して酷い言い様。 ちょっと相談事がありまして…」

「相談…?」





5072

「そうか……ついに人を手にかけるようになってしまったか……大人しく帝都マンにスタップされておけ」

「ちげーよ!! ネズミちゃんがお世話になったとか言う人が行き倒れてたから連れてきたんだってば!!」

「アタシがちょっとお世話になったっていうのは本当デスよ」

「…ふむ、見たところ単に酔いつぶれているだけにも見えるが、まあ良いだろう。 こっちに運んでおけ」














5068

「……おいやめろ馬鹿……クラエアとかマジでSyレならんしょ………ハッ!? こるは一体……?」

「ほう、もう気が付いたのかね? なかなかに頑丈そうなのは見てくれだけじゃなさそうだな」





5069

「なにいきなり話しかけてきてる訳?」

「おいおい、意識を失っていた君のためにベッドまで提供した俺に掛ける言葉がそれとは、想像を絶する悲しみが俺を襲ったんだが?」

「おっとと、まさかの救出劇に喜びが鬼なったんだが? 調子ぶっこきすぎてました、すいあえん;;;」

「ほう、経験が生きたな」






5059

「俺はイんペリアルシッティーとやらへ行き手だったんだが、なんかみょんな所でネズミが鍵が掛かっていなかった事により家宅侵入で忘れ物を取りに来た俺に隙はなかったんだが、なんかネズミが『フレがいない』『存在があまりに大きすぎた』『これじゃ何も出来ない』系のことを言っていたがもうだめ。 『全力で迎えに行っても良いぞ』と言ったら『やっと許しが出たデスか!』ともじもじしだしたので帰りを待っていたんだが、アワレにも放置プレイされたまま俺はひっそりと裏世界で幕を閉じる羽目に……」

「……うむ、まだどうにも混乱していると見えるな。 起きられるのならちょっとこちらに来たまえ。 簡単に現状を説明しよう」






5057

「改めて自己紹介と行こうか…。 俺の名は大船渡。 ブラブラと気楽な旅をしている道楽者だよ」

「俺はブロントだし呼ぶときはさん付けで良い。 職業は黄金の鉄の塊で出来たナイトで名実ともに唯一ぬにの盾」

「……まあとにかくブロント君だね…よろしく」






5063

「ところでここは一体どこなんですかねぇ……気が付いたら骨になっているあるさまかと思っていたら『ほう…』ってな感じで助かっていたので皆目理解不能状態なんだが?」

「ここは君が向かおうとしていたインペリアルシティーにほど近い場所にある俺の家だ。 倒れていた君をここまで運んできたのは、さっき君自身が言っていたネズミとそのフレだよ」

『待っていテ!!』の言葉を信じて待っていたナイトを放置プレイに遭わせるとか俺の怒りが有頂天だったんだが、ここまで運んで来てくれたことによって俺の慈悲の心が発動さるることとなった。 今回は許すます!! その俺を運んできたネズミとフレとやらの顔を拝み倒したいんだが?」

「あの馬鹿共もそろそろ起きてくる頃だろう。 どれ、ちょっと外に出るかね」







5071

「二人はここなんだが、起こすかね?」

「おいィ? 外に出てみたら昼過ぎとか寝過ぎにもほどがあるでしょう……こんなにも青天の霹靂な日ならば起きるべk………」





5053

「あっははーっ!! ネズミちゃんってばやっぱり肌きれいだよねーっ♪」

「ひゃあーっ!! どどどこ触ってるデスかーッ!!」

「お尻もおっきくてきれいだよねー、やっぱりネズミだから安産型なのかなー?」

「にゃーーっ!! やめてーっ!! あっちょっ…誰かーーーーーっ!!!」





5064

「どうするね?」

「【せっかくですが遠慮します】……」






5060

「俺も長いこと色々な場所に行って様々な種族とは出会ったが、君は初めて見るタイプだな。 ウッドエルフとはまた違うようだが…」

「俺はエルヴァーンだし出身はサンドリアなんだが、この世界では誰も知らないことによって想像を絶する悲しみが俺を襲っているあるさま。 大船おtはここからジュノに帰る方法を知らにいか?」

「どれも初めて聞く名前だ。 残念ながら俺にもわからんな。 しかし、俺もこの地域の全てを知っているわけではないし、まだまだ情報は拾えるはずだろう」

「ほむ……『急げば回る』と言う名セリフを思い出した感。 今回でそれがよくわかったよ>ウロコ感謝」





5045

「♪いーやーらしーいーあーさがきた♪ ろーこーつなーあーさーだ♪ ……うー…まだ眠いんだぜー…」





5043

「やっと起きたか……問題ごとを押し付けてさっさと自分だけ寝るとか相変わらずの身勝手ぶりだなお前は」

「こう見えて結構忙しいんだよ。 なーんか色々と頼まれごとなんかもあってさぁ。 って言うか、あの行き倒れの人は?」

「彼ならすでに目を覚ましている。 何があったかは後で聞かせてもらうから、とりあえず挨拶してこい」

「うーい」






5044

「おっはよーって……どっかで会ったかな?」

「ほむ……何やらどこかで偶然にも見かけてしまった感…」

「まあいいや、はじめまして、メルザって言うの。 よろしくー」





5041

「俺はブロントだし呼ぶときはさん付けで良い。 職業は黄金の鉄の塊のナイトで思考の謙虚なナイト。 リアル生活よりも充実したヴァナ生活を認可されちぇいるがシロディールでも伝説の不良と恐れられている不良だから喧嘩も強いしバイクもヘルメットかぶらないで乗る。 あと自慢じゃないがPT組んでいる時に『ヴァナのイチローですね』と言われたこともある」






5042

「…………」





5040

「えっ? あの、旦那? この人って……?」

「ん? ああ、彼はそれがデフォのようだよ」

「わぁ……なんて残念な人なんだい」

「おいィ? いきなり残念扱いされる人の気持ち考えたことありますか?」







5036

「うう…もうお嫁にいけないデスよ……なんか日差しがやけに黄色く見えるんデスが…」





5035

「おはよーネズミちゃん。 なんか顔色よくないじゃん?」

「一体誰のおかげだと思ってるデスか!? 先輩と一緒だとロクな目に合わないデスよ!!」

「おっかしーなー……お姐様には相手が喜ぶって聞いてたんだけどな」

「アノ人の意見は聞かないで欲しいデスよっ!! あとアタシで試すのもやめて欲しいデス!!」

「おーい、お前ら揃ったんならちょっとこっちに来い」






5033

「あやや!! ナイトさんも気が付いていたようデスね。 良かったデスよ!!」

「ほう、心配してくれていたことによって喜びが鬼なったんだが、その前におもえら俺に何か言う言葉はないのか?」





5023

「放置してしまって本当にすいあえんですた;;(ジャンピング土下座)」

「ほう……なかなかわかっているようだな」





5026

「まあすでに俺の怒りは時既に時間切れ。 むしろここへ運んでくれたことによって感謝がダークパワーとなって溢れださんばかりのオーラとなって見えそうになっているから、全力で許してやっても良いぞ」

「またも許しが出たデスか!?」

「さすがに心が広大なナイトは格が違った!!」

「俺は優しいからな、他の奴等にもそう伝えるべき」






5022

「っていうか、私は本来だったら関係ないところじゃないの? 先輩まで一緒に土下座させるとかマジ使えないわね、ネズミちゃん」

「うわっ!! 悪口に迷いが無い!! ごちそうさまデス!! じゃなくて、不法侵入してたことには変わりないじゃないデスか!?」





5027

「まてまて、どうにも話の脱線が多くなりそうでいかん。 お前たちちょっと家の中に入ってくれ。 ブロント君のここまでの経緯にも興味があるのでな」

「はいデスよ」

「菓子とお茶出せよ」

「9杯で良い」

「良いからとっとと入れwwwwwwww」




















5031

「ふむ……ある程度の話は分かった。 ブロント君の国については今の時点では我々も情報を持っていないが、別の部分ではちょっと思い当たる部分があるかもしれん」

「おいィ? そこについては話すべき死にたくないからカカッと話すべき!!」

「いやなに、道中の噂で聞いたんだが、ここのところ急激に各地で色々な異変が起きているという話を聞いてな、その時期がどうにもブロント君がこちらに来た頃と似通った時期に重なっていることに気が付いてな」

「そうか!! じゃあブロントさんが騒ぎの元凶ってわけだね!!」

「討伐対象デスか…」

「おいやめろ馬鹿マジでやめろ馬鹿、謙虚なナイトをいきなりリアル犯罪者とか決め付ける浅はかさは愚かしい。 どうして俺が異変に元凶だって証拠だよ!!」

「まあこの場合はブロント君も異変に中の一つに巻き込まれたと考えるのが妥当だろう」

「なんだつまんないの」

「つまらないから討伐対象にされちぇしまうとか……マジ震えてきやがった…怖いです」






5051

「先程も言ったが各地で異変が起きているのは間違いない。 実際に俺もブルーマの山奥で今まで見たこともなかった巨大な城を見つけたしな」





5073

「あ、そんな感じのだったら私も見たよ。 南に行く街道沿いにものすごくでっかい城がいきなり出来たって」

「実際にこの目で確認していないものも含めればかなりの数になるかもしれん。 攻略された場所もいくつかあるらしいが、そこで手に入ったアーティファクトはシロディールでは見たこともないものだとも聞く」 






5030

「もしかしたらそこにブロントさんの持っていた装備品があるかもデスか?」

「確証があるわけではないが、彼の身の上を考えてみれば可能性は高いだろう。 調べてみる価値はあると思うが?」

「やるます!!」

「そんじゃまぁ、役割分担決めて早速出かけるとしようかねぇ」

「見ず知らず存ぜぬのナイトに対してみんなの心の広さに怖い」





2030

「メルザとアルペイアは外で待っていてくれ。 ブロント君、見たところ君の装備はかなり傷んでいるようだな」

「俺は唯一ぬにの盾の担い手なんだが、連戦が祟って破壊されてしまい、メイン盾の役割を務めることができないというあるさま。 盾のないナイトに明日はにい;;」





5011

「なるほど、それならば少しは力になれるかもしれん。 見たところ君は重装備が主体のようだね? ならば俺が使わない装備を受け取ってくれると助かるんだが…」






5009

ジャキーン!!





5010

キャリーン!!





5008

「おいいいいィィィィィッ!!! 普通の防御力もNo.1で最強なのに盾の能力も最強ナイトは個人の才能が試さるるジョブで極めれば極めるほど他者を圧倒した存在になれる最強の防御力にダントツn………」

「……ああ、なんだかわからんがそこまで喜んでくれるのだったら俺も報われる気がするよ…」





5007

「ってなわけで、ブロント君には俺の装備を渡しておいた」

「おー…」

「なんて言うかデスね…」





5006

「いきなり人が変わっちゃったみたいだよねぇ」

「デスねぇ、鉄装備のほうが似合ってたんじゃないデスか?」

「おもえら…人のやる気に水を挿し込むとかあもりにも酷すぐるでしょう…? 謙虚なナイトがいつまでも笑顔だと思うなよ?」






5003

「アルペイアはとにかく色々な所で情報を集めてくれ。 都市部の連中や旅人の噂話とかを重点的にな」

「任せるデスよ。 調べ物だったら得意分野デス!!」





5024

「メルザはギルドやらとの繋がりも多かろう。 そういった組織系の所で何かわかることがあったら教えてくれ」

「めんどくさいなぁ…まあ、確かに色々と行くところはあるからついでに調べといてあげるけれどさぁ」





5005

「ブロント君は情報の上がった場所を調べていく方向で。 現時点で怪しいのは俺とメルザが発見した城だな」

「それしき、ナイトにかかればチョロイこと。 カカッと異変の解決を終息させることによってヴァナへの道への封印が解けられるのは確定的に明らか」






5002

「………やれやれ、こうやって何か探させておけば、ここにたむろされることも少なかろう(計画通り)」









5001







5061

ってなわけでブロントさんの失われた装備を探すことになったメルザ達。

今後どういうことになるのかは、私も知らないのであった。







って言うかね、4人も常時動かすことなんて無理ッスよwwwwwww

複数人でSS撮っている人達って頭がおかしい半端ない忍耐力持っていますよね!!




こうでもしてまた分離させないと、私の寿命がストレスてマッハ何ですってば!!




関連記事

テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

Comments

 
5000HITおめでとうございます♪
今回は踏めなかった。。。
それにしても、いつになく超大作ですね。
役者も揃ったし、これからも大変そうだ。。。

私もたまにお話風の記事を書きたくなるのですが、
普段の記事5~6回分に相当するくらいの労力を使うので、
滅多にやりません。。。やるとボロボロになっちゃうのでw

これだけのものを作っている自体で完全に、
「ものすごく根気がある」としか思えないのですケドw
 
紳士のの殿堂イんペリアルシッティー

5000hitお目 千秋万歳\(^o^)/

四人使ってポーズバシバシ使って、なんともお疲れさんってとこね。♪
ついにブロントさんも強化され(仮)本当の戦いが始まりましたな。

できれば四人で西遊記ばりに冒険してほしす。
 
こんばんわ。
5000HITおめでとうございます。

すごい大作です。 私のブログのコメで根気無いとかいってたくせにwww

次回も楽しみにしております。
 
なんといふ濃ゆいキャラ達!w

しかしながらそれらが絶妙に咬み合って他では見られない楽しい物語になってますね。
続きが楽しみですw

僕は一人にポーズとらせて適当に撮るだけなもんで、一度2人使ってちょっと紙芝居撮ったんですけどすごくめんどくさかったですw
それが4人とかわけわかm
常に物語をうpしてる人とかもう変態・・・じゃなくて天才ですよねー。
 
こんにちわー。5000突破おでめとうございます(`・ω・´)
ついに主要キャラが全員揃ってしまった感。今後の展開に胸が高まるます!!
放置されていたのに許してくれるブロントさんは格が違うなー。すごいなー(ry

正直これだけキャラを動かすのはかなりの労力。憧れますわ。私は2人以上だと集中がなくなるます(;^ω^)
次はブロントさんがこの城を攻略か。楽しみです。
やっぱ女の子2人可愛いなぁ。ペロペロしたいですペロペロ(^ω^)
>AQUARIAさん 
ありがとう御座います(・∀・)
今回は知った方が誰も踏まなかった用でホッとしたような残念なような、でもホッとしていますww

今回はSSの枚数が3桁行っていましたww
その中から選別して加工して、生地として編集している中で没にしたり、新たに撮り直したりしていましたので恐ろしく時間がかかりました。
正直、疲れ果てましたですよ(;´Д`)

根気がある用で実際ないですww
だって今回の記事作っている間も何度もサイト巡回したり本を読んでしまったりしていますから。
気がそれまくってましたwwww
 
5000Hitおめでとさんです!

いやぁ~読み応えがあって楽しかったです!
登場人物もフル出演でしたねw
やっぱり大船渡のだんなが一番頼りになりますな><

複数人でのSS撮影はマジで大変ですよね・・w
ポーズや体の向きとかもそうだけど、ひとりだけ目つぶってたりで、、w
(一人ずつTaiして完全に停止させたらだいじょぶではありますがw)

このあとまた全員集合して、敵と大乱戦の迫力満点なSSも見れたりするんですよね!^^ニコッ
>千歳っち 
お姐様の館のある魔窟インペリアルシティー\(^o^)/

5000hit感謝である。

ポーズ使わんとか言ったあの日の俺はどこへやらwwwww
もうこれ無しには俺の生活が成り立たんレベルにまで行ってしまったのは確定的に明らか。
だが俺は謝らない!!

お姐様が間に合わなかったが、データもらったのでやっと紹介ページを作ることができそうだわ。
感謝である(・∀・)
>Nailflanさん 
ありあとうごあいます(・∀・)

いや、ほんとに根気はないんですってば!!
だって作り始めたのは先週の半ばあたりで、一日頑張れば上げられたところを引き伸ばしまくってますからねwww

途中で映画見ちゃったり、外食しちゃったり、本読んじゃったりでしたからwww

本来なら土曜日の夜に上がるはずだったんだけれどなぁ…(;´Д`)
>Ghostさん 
他の皆さんにも濃ゆいキャラに見えていれば幸いです(・∀・)

なんとか個性を出せるように苦心しているつもりですが、そこが心配ですた(;´Д`)

いや、実際のところ、一人でポーズとってが私もメインなんですけれど、話の都合上、一度は通らなければならないと思って覚悟完了した次第です。
そうすればまた散り散りに出来ますからwwww

今回はちょうど訪問者数の節目もありましたので良かったですわ。
そうしなければどんどん先延ばししていたことでしょうwww

長編シナリオとか自分で作り出している人を見ると尊敬しますね。
イヤホント!!
>りなとうさん 
感謝感激の5000hitです(・∀・)

主要キャラが一同に介しましたが、すぐにまたパラパラに引き裂かれてしまった感www

そうしなければ私の命が危険で危ないですマジデイヤマジデ!!
私のところのブロントさんは心が広大すぎるかもしれませんが、もうあとには引けなくなってしまいました。
お人好しだっていいじゃない!! 

今回は記念ということがなければ、絶對にやってなかった大人数です。
集中力は来年まで切れますのでwww

うちの馬鹿娘をペロペロしていいですからりなとうさんのところのキレイどころを(^ω^)ペロペロさせてくだしあ。
>Gazさん 
ありあとうございます(・∀・)

今回はSSの撮影数が半端無かったです(;´Д`)
それよりも、キャラを変えてコンパニオンを呼び出して、装備を同じものに変えて…を各キャラごとにしなくてはならないのが大変でした。
ネズミ娘のコンパニオン化に失敗しているのも地味に痛かったり…orz

撮影も大変でしたが、下準備がここまで大変だったのは予想外でした。
あと、「TAI」を知ったのがほんとうに最近だったので、これなかったらかなり早い段階で心が折れてましたwwww

大乱闘…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

彼らはヒーローではないので、ひっそりと各個撃破にさせてくださいwww



カカッとカウンターなんだが?
謙虚なプロフィールでアッピル

鋼鉄蒸気

Author:鋼鉄蒸気
関東在住の怪男児。

JRPGにはない自由度に魅せられ、いまさらになって大ハマリ。

Oblivionのプレイがメインとなっているので、スカイリムを期待している人は全力で回れ右して良いぞ。

投票ダヨー♪
出演者より一言
 
Flashカレンダー
 

Archive RSS Login
QLOOKアクセス解析