Oblivion 基本的に一人旅なんなんだぜ

Oblivion 基本的に一人旅なんなんだぜ

チビのメルザの珍道中記


勝手に自己完結する恥知らずなデイドラ神がいた!!

Category: メルザの冒険だよねぇ   Tags: ---
スイッチで開閉できる鉄の扉に死体をひっかけて遊んでいたら、

隙間に詰まっちゃったYO!!


(挨拶)

詰まった




はい、こんにちは!! 名前の割にストレスに弱い鋼鉄蒸気です!!



胃薬が手放せない一週間でした…(;´Д`)


現時点では、細かな微調整をしつつプレイをしています。



実のところ、再構築中でも撮り溜めしておいたSSがいくつもあったので、ブログに記事を上げることは出来たのですが、とてもそれが出来るほどの心の余裕はありませんでしたwwww

やっと一安心できるほどになってきたので、ここらでメルザには頑張ってもらいましょう。





さて、本題に入りまして。



ボエシア24

本日は、「ボエシア」と呼ばれるあからさまに筋肉美を誇示したデイドラ神の祠にやってきましたよ。

どうしましょうかね?

クエスト内容が「私の肉体を2時間(リアルタイム)見つめ続けろ」とかだったら。



えっ? 前回の次回予告と違う?

仕様です。



ボエシア23

さて、近くにいるイカしたドレッド頭のおっさんに話しかけてみると、

「ボエシア神と話したければデイドラの心臓を捧げるのだ」

とか言っちゃってるので、さっそく御供えしてみましょう。



ボエシア22

ベチャッ。


「待て」

「えっ? なに?」

「なんだ今の音は?」

「何って…お供え物だけれど?」

「生か…」

「あまり深く考えないほうが良いと思うよ。 それに同じモノが30個近くカバンの中に入っていると考えると…」

「あーっ!! わかった!! もう言うな!!」



ボエシア21

「信者でもないのに我を呼び出すとは、お前絶対まさかの時のスペイン宗教裁判だろ?」

「モンティ・パイソンに精通している神とか今時のどんな層に需要があんだよ。 見ろ、見事なカウンターで返した」

「ほう、チビのくせにお前はなかなか分かっているようだな。 だが我から認められるためには、その力量を示さなければならぬ」


ボエシア20

なんか各種族一人づつの合計10名と戦ってすべてを打倒して来いとか言われたー。

戦いの場は、ボエシアの管理するオブリビオンの領域。

ゲートを用意するので、準備が出来たらカカッと行って来いって事みたい。



ボエシア19

おお、初めて見るタイプのゲートだわ。

さて、道を歩けば山賊盗賊1ダースのこの絶望で諦めが鬼なる世界で、いまさら準備もないでしょう?

さっそく突入、突入!!



ボエシア18

到着と同時に檻に入れられている私。

フッフッフッ…まさに猛獣を野に放さんとする演出が気に入ったわ。



ボエシア16

「よくぞ10の血戦の場へ来た。 9つの門の向こうにはそれぞれ選ばれし者が汝の到来を待っている」


おk!! 一人づつの勝ち抜き戦ってわけね。

今の私は気分がノッてる!!


最高にハイな気分って奴だァァァァァーッ!!!



ボエシア15

「その強い心と目でインペリアルは汝を見極めるであろう。 彼が望むものを与えてやるのだ」



最初の相手はインペリアルかー。

スタンダードな相手だね。

まあ、今の私の相手じゃないけれどね…(ΦωΦ)フフフ…。

















ボエシア12

 対戦相手のインペリアル不在のお知らせ 





ちょ…ちょっと…思わせぶりに門が開いた割に、中に誰もいないとかどういう事よ!?

他の門の前に行っても開く様子もないし、なんかおかしな事になっちゃったぞー。




とか、ウロウロとしていたら突然、



「私は認めねばならぬ…ノルドが私を失望させた事を…」




はい!?




なんかいきなりボエシアがノルドに失望しているんですけど!?

とか、唖然としていると、



「ああ、バレンウッドの誉れよ!! ウッドエルフは墜ちた!!」




……な、何が起きてるんだぜ!?




とりあえずスタート地点まで戻ってみよう。

つか、このままだと私は現世に戻れないかもしれないじゃん!!



ボエシア11

アルェーーッ!?


なんか各種族の方々が呑気に私のスタート地点に集合しているんですけどー?

そうこうしている間にも、



「何たる悲しみ!! 哀れなるアルゴニアンよ!! 絶望した、哀れなるアルゴニアンに絶望した!!」



とか、各種族に絶望し続けるボエシア様。


とりあえず、彼らの近くまで行ってみようとして気が付いた。

彼等の立っている場所はかなりの傾斜地で、彼等はゆっくりとそして着実に滑り落ちて行っている。


その結果…。



ボエシア10

溶岩の海へ入る事となり、





ボエシア09

そのままひっそりと幕を閉じる羽目に。




ボエシア08

「グッジョブ!! 残ったのは汝だけだ!! さあ現世への入り口が待っておるぞ!!」

「…あー…そうですかー…じゃあ帰らせていただきますわー」



ボエシア06

結局私がした事と言ったら、勢いよく走りだしてまた戻ってきただけなんですけれど…。





ボエシア05

「よくぞ戻った!! 選ばれしチビよ!! 素薔薇しい勝利にオラなんだかワクワクしてきたぞ!!」

「うるせーっ!! お前絶対見てなかっただろ!!」




ボエシア04

いったいアレの何に満足したのか知らないけれど、ゴールドブランドとか言う名の刀を褒美として貰ったよ。

ボエシア02

外観はゴールドって言うか、黄ばんだ日本刀って感じで、炎のエンチャント付。

デイドラ御褒美シリーズの中ではかなりの高性能なんだけれど、見るたびに脱力しそうだよ私にとっては…。








脳筋かー01

「……ってなことが途中であったわけよー」

「あー、ボエシアって競技とか戦いが好きで、忍耐強い戦士の鑑として扱われているからねぇー」






脳筋かー02

「あー…戦士ねー」

「この世界でいう所の戦士だからねー」

「あたしゃ戦士という名のつくものが嫌いになりそうだよー」





シロディール世界の戦士の株が落ちまくっているような気がする今日この頃でした。

関連記事

テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

Comments

 
私も全く同じ状態になったんですが。何が原因なんでしょうね?
>拍手コメントさん 
適当すぎて、ネタとしてアップするのが憚れるようなものもありますww

デイドラが適当というか、作り手が適当というかwww
>YAHIさん 
これはデフォルトで設定されている種族に適用されているクエストなので、追加種族で始めるとこういったバグが起こってしまうようです。

とりあえず、進行自体がストップしてしまうわけではないのでクリアは可能ですが、はっきり言ってマヌケですよねwwww
 
こんな肩透かしを食うようなクエだったら、肉体を2時間見続けるほうがまだマシですよね・・
いやそれもたいがいめんどくs

クエは街中で受けれる手軽なやつしかやったことないので、他にもこんなクエがあったのかぁととても参考になりますw

>Gazさん 
マシじゃないですってばwwww
いやGazさんはむしろそれを望んd

意外とクエスト自体を消化はされていないんですねぇ。
むしろそっちが意外でした。
とっくに何週もしているものだと勝手に思っていたものでしてww

カカッとカウンターなんだが?
謙虚なプロフィールでアッピル

鋼鉄蒸気

Author:鋼鉄蒸気
関東在住の怪男児。

JRPGにはない自由度に魅せられ、いまさらになって大ハマリ。

Oblivionのプレイがメインとなっているので、スカイリムを期待している人は全力で回れ右して良いぞ。

投票ダヨー♪
出演者より一言
 
Flashカレンダー
 

Archive RSS Login
QLOOKアクセス解析