Oblivion 基本的に一人旅なんなんだぜ

Oblivion 基本的に一人旅なんなんだぜ

チビのメルザの珍道中記


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語の始まりなんだぜ

Category: メルザの冒険だよねぇ   Tags: ---
さて、チュートリアルを兼ねた物語の始まりである。


メルザ正面


名前は「メルザウンカノーネ」

通称「メルザ」



どこぞの長距離支援MS(しかも没喰らってる)のような名前だが、(゚ε゚)キニシナイ!!


MGもしくはHGUCで出ないかと期待していたのだが、どうでも良いようなものばかり出やがってクソが。

つーか、Mk.Vとゼク・ツヴァイを出せよ!!

何年待っていると思ってんだ畜生めッ!!




話を進めよう。




メルザ思案中

しばらくすると向かいの牢屋に入っている囚人が何やら言ってくるが、それらをスルーして部屋に置いてあるピッチャーやらグラスやらを殴ったり掴んでブン投げたりしていると無骨な方々が登場。

大人しくしてますってば

「うはwwwwwなんで囚人がwwwwwwちょwwwww下がってろよwwwwwwwぶった切るぞwwww」

とか物騒な事を言われるので、大人しくしていると皇帝陛下が登場。




皇帝陛下

ユリエル・セプティム七世にあらせられまする。


皇帝陛下の声を当てている人が俳優の「パトリック・スチュワート」氏。

チョイ役みたいなものなのに大物俳優を持ってきていますな。


さて、謎の暗殺集団に追われて脱出を図る皇帝御一行。
お供が3人なので助さん・角さん・女性兵士は由美かおると言ったところか。


忍者屋敷かよ

なんでこんな所に来たのかと思ったら、隠し通路があったのね。

なんと言うからくり屋敷。


とりあえず入ってみようぜぇ!!

皇帝陛下御一行が通路に入って姿を消したのだが、隠し扉が開きっぱなしって事は入って良いって事だよね?


とりあえず後を追うように入って行くと御一行は早速戦闘中。

先程の女性兵士は早くも討ち死にしていた次第。

由美かおるポジションかと思ったら、うっかり八兵衛であったとは意外である。

チュートリアルで風呂に入られてもアレであるが。




「ついて来んなwwwwww」



と言われ、彼等の通った扉が閉鎖されてしまったので、仕方なく別ルートを進軍。

初戦闘の相手は、初めて見た時は遠近感が狂ったかと思ったほどの大ネズミ。

メーター越えのネズミかよ

ゲームを進めていくと小さく感じるこいつらも、落ち着いて見ると2メートル近くあるんじゃないの?

難易度を上げてあるので、実は死にかけたのは内緒だ!!

パンチだけでは心許ないので、先程の討ち死にしたうっかり八兵衛(女)の持ち物を物色すると刀があったのでこれを装備。



第一村人発見

もっと前にお亡くなりになっていた方を発見。

物色すると色々持っている。

特に防具は有難い。
ネズミごときの攻撃で死の淵を彷徨う様な防御力のボロ服とはおさらばだ。


交換してもボロい…


……やっぱりボロい……orz


いや、しかしまだ様にはなっている。
しかも弓まで手に入った。

これで先制攻撃も可能に!!

弓も拾った

ちなみに、デフォルトの姿勢だとガニ股だったり猫背だったりするので、そこら辺りもステキチックにしてくれるMODを入れておる次第。

魔法詠唱のポーズもキュートになっておる。

モチベーション上がって良いよね。


しばらくネズミ退治に興じつつ先に進んでいくと、まだこちらに気が付いていないゴブリンを発見。

さっそく手に入れた弓の試し撃ち。

近くね?

命中すると半端ない暴れ方をしてゴムボールのように四方八方にバウンドして息絶えるゴブリン。

壮絶な死に様である。

と言うか、ゴブリン系で多発するこの暴走はいったいなんなんだぜ?
別キャラでやった時は、空の彼方まで吹っ飛んで行った時があった。

まあ、これはこれで面白いので良いのだがww




さて、更に進んで行くと斜面の上に丸太が積んである場所に出た。

とりあえず押すと崩れて行き、下から絶叫が聞こえてくる。

なんてひどい!!

誰がこんな酷い事をッ!!!




ささやかな抵抗の跡

しかも崩れてくる丸太に撃ちこんだと思われる弓矢が。

彼等のささやかな抵抗が見て取れる。

まあ所詮はケダモノか。



おっ、焚き火発見。

キャンプファイヤーじゃん


うわっつぁーーーッッ!!!!!

うおあちぃーっ!!

冗談半分で火渡りしたら、すげぇダメージであった(;´Д`)

と言うか、このゲームは罠のダメージが防御力関係ないのか、後半になってもかなり大きかったりするのが侮れない。

気を抜いたときに喰らう鉄球の罠などは精神的にもダメージがでかいので勘弁して欲しいものである。



自然洞窟抜けたわ

おっ? 何やら雰囲気が変わったぞ。


何か聞こえる

皇帝御一行の会話が聞こえる。

どうやら追いついたようだ。


ここは装備も整って、囚人から一皮剥けた自分の姿を見てもらわねば。



またお前かよwwwww


「ちょwwwwwwまたお前かよwwwwwwもうぶった切るわwwwwwww」


「まてwwwwwwそいつは我々をwwww助けるからwwwwww」



皇帝陛下に諭されて、渋々と引く短気な助(角)さん。

松明持って付いて来いと言われたので、ばっちりサポートさせて頂きますよ、旦那っ!!



戦え皇帝陛下!!

安全な場所からな。



しかし、さすがは乱世を統べる皇帝陛下。
次々と現れる悪漢どもを撫で斬りにされていらっしゃる。

だがそれでも遂には追い詰められ、王者のアミュレットやらを自分に託すとあっさりと暗殺者に討ち取られてしまう皇帝陛下。

今までの無双振りは何だったのよ。

起きろよ皇帝陛下

とりあえず、皇帝陛下が最後に残した自分の隠し子にアミュレットを渡せと言う指令を受けた自分は、生き残った従者のバウルス君に道順を聞き、またも一人旅に戻った次第である。


市街地の下を走っていると思われる下水道を、ゴブリンやネズミどもを汚水にまみれつつ駆逐して進み、

下水探索中
下水通過中



遂にゴールである。

下水脱出中


ちなみにここで自分のキャラクターを再度組み直すチャンスが与えられる次第。

悩んでしまうようならば、ここでセーブを取っておくと良いかも知れぬ。


これからどうしよう…


次回は花の都「インペリアルシティ」からお届けいたす次第である。


関連記事

テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

Comments

 
こんばんわ。

今頃どこにコメントしてるんだ? と思われるかもしれませんがw 「ゼク・ツヴァイ」ググッてみたらカッコよかったのでwww

タイトな革装備のメルザさんもあらためて可愛いw
>Nailflanさん 
いきなり物凄い過去の記事にコメント来たのでびっくりしましたわww

しかも、この頃の記事の文体が今とぜんぜん違うので、恥ずかしいッたらないです!!

見ないで!! そんな目で見ないでッ!!!
(;´Д`)ハァハァ

「ゼク・ツヴァイ」大好きなんですよー。
ゼク・アインと言うこれのひとつ前のタイプはプラモ化されたのに…。

ああ言った大艦巨砲主義なのが大好きなものでしてww

革装備はこのあとDMRAタイプの物を入れてしまってあまり見せられない恥ずかしい状態になった後、現在は元に戻っています。
やっぱり普通が良いですねー。

カカッとカウンターなんだが?
謙虚なプロフィールでアッピル

鋼鉄蒸気

Author:鋼鉄蒸気
関東在住の怪男児。

JRPGにはない自由度に魅せられ、いまさらになって大ハマリ。

Oblivionのプレイがメインとなっているので、スカイリムを期待している人は全力で回れ右して良いぞ。

投票ダヨー♪
出演者より一言
 
Flashカレンダー
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QLOOKアクセス解析